健康ショップ ふくろう

ショッピング

ボディーアナライザー・ボディーアナライザーアニマル

ボディーアナライザー ボディーアナライザー

ボディーアナライザー

品番:BDA-1・BDA-2 電源:PCから BDA-1:本体のみ BDA-2:体型+PC(メーカー:レノボ)

<strong>ボディーアナライザー</strong><br><br><strong>品番</strong>:BDA-1・BDA-2 <strong>電源</strong>:PCから <strong>BDA-1</strong>:本体のみ <strong>BDA-2</strong>:体型+PC(メーカー:レノボ) <strong>ボディーアナライザー</strong> <strong>ボディーアナライザー</strong> <strong>ボディーアナライザー</strong> <strong>ボディーアナライザーアニマル</strong><br><br><strong>品番</strong>:BDA-A1・BDA-A2 <strong>電源</strong>:PCから <strong>BDA-A1</strong>:本体のみ <strong>BDA-A2</strong>:体型+PC(メーカー:レノボ) <strong>ボディーアナライザーアニマル</strong> <strong>ボディーアナライザーアニマル</strong> <strong>ボディーアナライザーアニマル</strong> <strong>ボディーアナライザーアニマル</strong>

ボディーアナライザーは、量子共鳴磁気分析装置です。電子デバイスによって収集された細胞の磁場を分析しています。

人体は、絶えず成長・発達・分裂・アポトーシス・再生を繰り返す細胞の集まりであり絶えず更新されています。

細胞の分裂と成長の過程で細胞の原子を構成する原子核の帯電体と核の外側の電子は一定の高速移動と変化により常に電磁波を放出しています。

人体から放出される電磁波信号は人体の特定の状態を表し、放出される電磁波信号は健康状態の時など、人体の様々な条件下で異なります。ボディーアナライザーは様々な条件下で異なる特定の電磁波信号を分析し処理します。

量子医学では病気になる最も基本的な理由は、原子核外の電子の回転と軌道が変化し、それにより物質を構成する原子の変化を引き起こすことであると考えられています。

原子核外の電子の回転と軌道が変化すると原子から放出される電磁波が変化します。病気や栄養状態の物理的変化によって引き起こされる電磁波の変化のエネルギーは非常に弱いものです。ボディーアナライザーは弱い電磁波のエネルギーを設定された標準的な病気と栄養指標の共鳴スペクトルと比較し、弱い電磁波のエネルギーはボディーアナライザーによって増幅されて処理をされ正から負の量子値が出力されます。

病気の早期発見にもつながり早期治療に結びつけることができ、自身の健康・家族の健康・友達の健康を守ることができます。

犬・猫に使用できる動物用のものもあります。

※商品の仕様・デザインは予告なく変更することがあります
※ボディーアナライザー・ボディーアナライザーアニマルは医療機器ではありません。医師などによる診断を代行するものでもなく、病名や臓器を特定したり治療したりする目的ではありません

<< 前のページに戻る

おすすめ商品